TOPイベント情報スタディーツアー:エッセイ:「人間の持つ力」と「世界」 

2006年のJLMM中高生対象のカンボジア・スタディーツアー参加者の宮下彩夏さん(参加当時高校2年生)が「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト」で「横浜奨励賞」を受賞されました。

「人間の持つ力」と「世界」

宮下 彩夏   

 二〇〇六年三月二十七日から四月二日、この一週間の出来事は私の人生に大きな影響を与えたものだった。
 今年の一月、知人からカンボジアスタディーツアーを紹介された。将来、世界の様々な地域で、音楽を通し人の役に立つ仕事がしたいと思っている私にとって、それは大きなチャンスだった。私が望む仕事がどんなものか、実際に見ることもできるからだ。三月は翌月の文化祭に向け最も忙しくなる時期だが、両親や先生、友人の理解と協力により、ツアーに参加することができた。

 ツアーではカンボジアの歴史や様々な問題について知ることができた。その中で一番肌で感じたのは、現地の人の心の温かさだ。上座部仏教の精神がいきづき、手を合わせて挨拶すると何処でも誰でも返してくれたり、車内から手を振ると、バイク上から返してくれたのは、何だか新鮮だった。また、現地の子との交流で、笑顔の力を知った。特別におもちゃがある訳ではない。ただ走ったり跳ねたりしているだけで、心底楽しそうにけらけらと笑うのだ。私がつたないクメール語で「サバーイ?(楽しい?) 」と聞くと、背に乗っていた子は「サバーイ (楽しい) 」と少し照れたように言い、また笑うのだ。そんな笑顔に多く触れ、いつしかこちらもけらけらと笑っていた。

 しかしその笑顔の底には重い歴史がある。ポル・ポト時代に強制収容所として使われていたツールスレン強制収容所博物館は、外観や一部をそのままに、展示される写真や絵から当時を知ることができた。政治犯として虐殺された女性や赤ん坊を含む多くの写真、目を覆いたくなるような残虐な行為の絵、そしてひっそりと影を落とす独房。四年前、ニューヨークのグランドゼロの地を踏み締めた時とは別の感情があった。これらはすべて外国の圧力によって行われたのではなく、内乱としておきたことなのだ。その重い歴史、日本も同様のことを戦時中していたこと、争いがこんなにも人を変えることを知り、深い悲しみを覚えた。

 カンボジアはポル・ポト政権崩壊後、復興の道を進んでいるが、抱える問題は未だ多い。経済的に豊かではないし、度重なる戦争によって埋められた地雷も多く残る。また少女の売買春も大きな問題の一つだ。観光で有名な地域も、夜に小道を横切れば、ピンクの蛍光灯が光り、私と同世代の少女が呼び込みをしている、そんな景色へ変わるのだ。少女は騙されて田舎から売られてくること、ホテル一泊以下の料金で一晩が売られることを知り、言い表しようのない憤りや、なぜという疑問の念を覚えた。

 悲しい過去や抱える多くの問題があっても、カンボジアの人々はいきいきと生きている。そこに「人間の持つ力」を、彼らの笑顔から真の温かさや優しさを感じた。彼らのような人を心の豊かな人、と言うのだろう。例え、経済的に貧しくても心は豊かな国。日本はどうだろうか。経済的には非常に豊かだが、心は自信を持って豊かと言えるか。そう考えると、真の「豊かさ」とは「幸せ」とは何か、この疑問が帰国以来、私の中にある。解答は容易いものではない。しかし疑問と共にカンボジアは「人間の持つ力」と「世界」を教えてくれた。

 カンボジアの諸問題は、一概にそれ固有のものではなく「世界」に通じる問題ともいえよう。日本と時差二時間の国で、これだけ違う「世界」もあるのだ。

 今、私が「世界」に対してできることは非常に小さい。それでも、今回知った「世界」や「人間の持つ力」を少しでも多くの人に伝え、少しでも多くの人と考えていきたい、そんな願いを抱きながら、私も生きていこう。
「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2006」


タケオ省聖フランシスコ高校の高校生たちとの交流会




JLMMでは、派遣者が現地で活動しているからこそ出来るツアーを企画しています。例えば、カンボジアでは、トンレサップ湖水上村での宿泊や識字教室での子ども達との触れ合い、タイでは、少数民族ラフ族の村でのホームステイなどなど、体と心で感じる様々な体験が出来ます。物質的に豊かといわれる日本を飛び出し、経済的には貧しいけれど心豊かに生き生きと生きる人々触れ合ってみてください。

そこにはきっと、あなたの心に響くものがあります。
そして、あなたの何かが変わります。

スタディーツアーには、JLMMが自主的に企画しているツアーと、グループなどのリクエストにより企画するツアーがあります。
自主的に企画しているツアーは、ほぼ毎年、春と夏に行っています。また、友人達や学校のサークル、授業の一環としてタイやカンボジアなどへのエキスポージャー(体験学習)ツアーの企画も受け付けています。
詳しくは事務局までお問い合わせください。
JLMMスタディーツアーblog

 


 サイトマップ リンク 著作権・リンクについて プライバシーポリシー お問い合わせ © 2009 JLMM ALL RIGHTS RESERVED