TOPイベント情報スタディーツアー:エッセイ:タイ・カンボジア・スタディーツアーに参加して 

JLMM企画のタイ・カンボジア・スタディーツアーに参加された阿部桂子さんからツアーの感想が届きました。

タイ・カンボジア・スタディーツアーに参加して

阿部 桂子   

 「行ってよかった!!」
 帰国後、「どうだった?」といろいろな人に聞かれて、答えるのはいつも同じ答え。一言ではとても言い表せないこのツアーでの11日間は、私の17年の人生の中で1番濃くて充実していて、そして輝かしい毎日でした。
 無条件に愛され、たくさんの素敵な出会いをし、私のガチガチ頭は少しずつ柔軟になり、狭かった視野もずっと広がりました。そんな最高の11日間の中で、私の心に一番残っているエピソードをご紹介します。
 スタディーツアーの最初に訪れたタイ北部、チェンマイから車で4時間くらい行ったところにあるラフ族の村では、2日間ホームステイをしました。そのポンパー村に滞在中、隣村へ遊びに行ったとき、途中何人かが一行と道を逸れ、違う道を行きました。私と手をつないでいたラフ族の子も違う道を行ったので、私も一緒にその道へと進みました。

 ところがその道はひどい沼で、村人と違って慣れない私はすぐに足をとられ、一行からどんどん離れてしまいました。そんな時、言葉の通じない幼い子と二人きりでこんなところでどうしよう…、と一人で焦り、一緒にいる子にまでせかせかした態度をとってしまいました。なのに、その子は、小さな手を差し出し、川で自分よりまず先に私のサンダルや足を洗ってくれ、ずっと笑顔で接してくれたのでした。こんな自分をも無条件に愛してくれるその子を見て、自分が本当に情けなくて「どうして私はこんなに心が狭いんだろう…」という気持ちで一杯でした。そんなマイナスの思いを抱えたまま隣村から帰る時、私の元気のない顔と沼にはまって壊れたサンダルを見て村の人たちは、みんな心配してくれて、ナビという女の子が自分のサンダルと交換してくれました。またナツァという女の子が私の手を取り、帰り道ずっと笑顔で話しかけてくれ、自然の知恵をたくさん教えてくれました。もちろん言葉はわからないけれど、彼女の優しさを全身で感じ、その優しさに胸がつまり、自分に対するマイナスの思いがますます募って、パンクしそうになりました。

 その時、後ろを歩いていたまこさん(JLMMタイ派遣者の日笠山万希子)が、「サンダルのことは全然ストレスに思う必要ないからね。みんなはこれが普通なんだから。お世話できるのが嬉しいんだから。」と言ってくれて、その言葉に私はもう泣かずにはいられなくなってしまいました。『どうしてこんなに優しいんだろう…。こんなに愛してくれるんだろう…。』突然泣き出した私に驚く村の人たちに対して、私は「ありがとう」と日本語でしか言えなくて、悔しかったけれど、でもずっとずっと大切な友達のために、私にしかできないことを探したい!そう強く思いました。ポンパー村での出会いと思い出は一生の宝物です。

 そして帰国したらまず私は、村の現状、そして彼らの優しさをどうしても周りの友達に伝えて行きたいと思いました。でも今までのように自分の考えを押し付けても全く意味は無くて、どうしたらいいんだとう…。と大きな壁にぶつかってしまいました。そんな時、再びまこさんがヒントをくれました。「生き方で示すことができるよ。」と。その言葉に私はハッとしました。大切なことは、わかろうとしてくれない人たちを変えようとすることじゃないんだ。私自身が自然に受け入れてもらえる人に変わることなんだ、と。そして村の人たちからたくさんもらった愛をもっともっと広げ、いろんな人を愛し、この愛の輪をつむいで行きたいと心から思いました。

 そして最後に。このツアーをさらにキラキラ輝かせたのは、年下の私の話をいつもまっすぐに受け止め、話を聞いてくれたツアーメンバーのみんなの存在です。誰か一人でも欠ければきっとこんな素敵なツアーにならなかった。本当にありがとう!!このツアーでの出会いは、全て一生私のことを支えてくれると思います。これから一歩ずつ、まずは自分が感じたことを素直に話し、わかってもらえる人に成長していくことから始めて行こうと思います。参加できたことを心から幸せに思っています。




JLMMでは、派遣者が現地で活動しているからこそ出来るツアーを企画しています。例えば、カンボジアでは、トンレサップ湖水上村での宿泊や識字教室での子ども達との触れ合い、タイでは、少数民族ラフ族の村でのホームステイなどなど、体と心で感じる様々な体験が出来ます。物質的に豊かといわれる日本を飛び出し、経済的には貧しいけれど心豊かに生き生きと生きる人々触れ合ってみてください。

そこにはきっと、あなたの心に響くものがあります。
そして、あなたの何かが変わります。

スタディーツアーには、JLMMが自主的に企画しているツアーと、グループなどのリクエストにより企画するツアーがあります。
自主的に企画しているツアーは、ほぼ毎年、春と夏に行っています。また、友人達や学校のサークル、授業の一環としてタイやカンボジアなどへのエキスポージャー(体験学習)ツアーの企画も受け付けています。
詳しくは事務局までお問い合わせください。
JLMMスタディーツアーblog

 


 サイトマップ リンク 著作権・リンクについて プライバシーポリシー お問い合わせ © 2009 JLMM ALL RIGHTS RESERVED