TOP:派遣国 

JLMM派遣者はアジア・太平洋各国で、地域の人々とともに医療・環境・農業・女性・こどものための活動や
現地カトリック教会による社会福祉・開発プログラム実施を支援しています。
1982年の最初の派遣以来、現在まで16カ国78名のミッショナリーが派遣されてきました。

2017年9月現在 

カンボジア(2名)
衛生教育、識字教育、現金収入プロジェクト、幼児情操教育
東ティモール(1名)

栄養失調児対策、収入創出、家庭の栄養改善、プライマリ・ヘルスケア(衛生教育と予防医療)普及促進

モンゴル
教区が行う社会活動に参加
  2014年度派遣終了