TOP派遣国:カンボジア 
 
カンボジアマップ
活動概要
主な活動
これまでの派遣
「ミッション」関連記事
カンボジア農村日記
写真で見るカンボジア
 
お問い合わせ
JLMM
日本カトリック信徒宣教者会
〒106-0032
東京都港区六本木4-2-3
Tel. 03-5414-5222
Fax.03-5414- 0991
http://jlmm.net/
<jlmm@jade.dti.ne.jp>
カンボジア国旗

カンボジア派遣

Mission to Kingdom of Cambodia
(since 1982-)

イメージ


カンボジアでの活動

 1992 年 4 月より復興に取り組むカンボジア人、帰還難民者の支援をきっかけに信徒宣教者の派遣が開始されました。バッタンバン州にて児童養護施設(孤児院)におけるソーシャルワーク支援、洋裁技術支援・ハンディクラフト製作による女性の自立支援、スヴァイリエン・コンポンスプー州では、試験農場、幼稚園支援、カンボジア人による NGO を通してのコミュニティー開発支援を行ってきました。
 首都プノンペンに事務所を構え、1996 年 6 月 14 日、カンボジア政府に JLMM カンボジアとして国際 NGO 登録を行いました。
 1998 年 1 月からはカリタス・カンボジアとの協働でプノンペン市にステンミエンチャイ地区ごみ捨て場周辺に暮らす人々のための生活向上支援、2001 年 12 月よりバッタンバン知牧区内プルサト州コンポンルアンの水上生活村における関わりを展開しています。
  2007年6月から、シェムリアップ州クナ・トゥメイにおいてカトリック教会が地域の子ども達に向け行っている子どもセンターの識字教室などの活動を開始。
 2008年7月より、バンタイミエンチャイ州タオム村でカトリック教会が地域の子ども達に向け行っている子どもセンターの支援。さらに、2009年7月より2011年7月までシェムリアップ州にあるレナセールが行う活動支援を開始しました。  

▲TOP


現在の活動

1.ゴミ集積場の近くに住む人々と共に

1998 年よりプノンペン市ステンミエンチャイ地区ゴミ集積場周辺に暮らす人々の生活向上支援を行っています。
ステンミエンチャイ地区には、首都プノンペンのすべてのゴミが集められるゴミ集積場があります。ここでは、干ばつや現金収入の少なさから農業を離れ、仕事を求めて地方から出てきた家族が、思い通りの仕事には就けず、仕方なく鉄やプラスチックなど、リサイクル可能なものをゴミの山から拾い上げ、それらを売ることで生計を立てています。
こうした家庭では、子ども達も重要な働き手となるため、子ども達も朝から陽が沈むまで働きます。ですので、日本の子ども達のように学校に通い、十分な教育を受けることができません。また、学校に行っても、学校の授業についていけず、中退してしまう子どもも少なくありません。

2009年7月にステンミエンチャイ地区のゴミ集積場は収容能力を超えたため閉鎖されました。現在は新たに作られたダンコー地区の集積場に集められています。新しい集積場での有価物収集は許可されていますが、近隣に移り住むことは禁じられているため、住民はステンミエンチャイからダンコー地区まで毎日乗合バスで通っています。

1)プテア・コマ(子どもの家)
週5日ステンミエンチャイ地区に住む子ども達をあつめ授業を行っています。
月曜から金曜の毎日、午前8時45分から11時まで年齢、能力別に2つにクラスが分かれた授業があります。2005年からはクメールダンスの授業も行っています。
授業を受け持っているのは、カンボジア人の先生です。私たちは、その先生の補助をしています。
プテア・コマが対象にしているのは、貧困や家庭の事情で小学校に入学していない子ども、そして小学校退学や落第、授業についていけない子どもなどで、基礎的社会能力や知的能力を学び取れる経験の場として授業を行っています。

?プテア・コマ トム(大きな子どもの家)

クメール語の読み書き、1から10の数字が分かる6歳から12歳の子どもを対象にしています。クメール語の識字教育、簡単な足し算・引き算、体育、音楽、図工、お絵かき、塗り絵、絵本の読み聞かせ、クメール(カンボジア)ダンス、保健衛生道徳指導などの授業を行っています。

?プテア・コマ トイ(小さな子どもの家)

クメール語子音の読み書きが出来ない児童を対象にしています。
クメール語の読み書き、1から10の数字、体育、音楽、図工、お絵かき、塗り絵、絵本の読み聞かせ、クメール(カンボジア)ダンス、保健衛生・道徳指導などをしています。

?プテア・コマ トイトイ(小さな小さな子どもの家)
3歳から5歳の乳幼児を対象にしています。
パズルやお絵かきなど遊びが中心です。

2)家庭訪問
教育の大切さを保護者により理解してもらうため、プテア・コマ卒業目前の子どもの家庭に小学校進学の重要性を伝えています。
そして、経済的な問題を抱えている家庭には、他のNGOが行っている奨学金制度の紹介や申請方法を説明しています。

3)栄養プログラム
プテア・コマに来る子どもたちは、日々の食事から成長に必要な栄養を十分にとることができません。ですので、実年齢より幼く見えることも少なくありません。そこで、成長のためにも、健康な体づくりのために、プテア・コマで一日の授業の終わりにお昼ごはんを提供しています。「ご飯とスープ」を週に3回、「お粥」を週に2回提供しています。

4)医療サービス・家庭訪問
ステンミエンチャイに集められるゴミは、日本のように仕分けされていません。分別されることなく捨てられるゴミの中には、ビンのかけらなども当然含まれています。それによって切り傷、皮膚疾患が絶えません。また人々が生活する村内においても、道端や家の周囲にゴミが散乱しています。
家庭には消毒薬や治療薬はありません。小さな傷も簡単に悪化してしまいます。そこで、プテア・コマに来る子どもたちや、村内を巡回し、傷が悪化する前に簡単な傷の手当てや指導を行っています。
また、乾季になると燃やされる煙が村にも流れ込み、頭痛や呼吸器関係の病気を引き起こします。風邪の予防法をアドバイスしたり、病院を紹介したり、病院までの交通費も支援しています。
さらに、皮膚疾患を予防するため、また衛生への関心を高めるため貧困家族80世帯に月2回、石鹸を安価で販売しています。虱対策用石鹸の販売も行っています。

5)母親ミーティング
家庭の生活状況を改善していくため、女性は大変に重要な役割を担っています。そこで彼女たちと共に、自ら健康・生活状況向上のためのグループ作りを行っています。
グループ内では、衛生指導を行うとともに、子どもへの教育の大切さを伝え、小学校の入学手続きの補助、奨学金を出しているNGOに奨学金申請の補助なども行っています。

6)お母さんセミナー
「子どもの家」に子どもが通う母親を主な対象とした「お母さんセミナー」を開催しています。
「保健衛生」「住環境」など、生活環境や衛生、健康の向上を目的としたセミナーを開催しています。
?今まで開催したセミナー:三大栄養素、デング熱、住環境など

7)現金創出プログラム
ゴミのリサイクル以外の仕事で生計を立てることができるよう、現金創出プログラムを展開しています。
フェリシモ地球村の基金」の支援を受けスタートした「屋台貸出プロジェクト」は、ロッティと呼ばれるクレープのようなお菓子を移動販売します。
ロッティは非常に人気がありますが、暑くなる時期は売れ行きがいまひとつです。そこで、現在秋田県の名物「ババヘラ」アイスの新藤冷菓さんの技術協力を得て、カンボジア版「ババヘラアイス」に取り組んでいます。

Flash News 「屋台プロジェクト」が走り出した

母親センター

2012年度よりNPO法人芝の会並びに味の素「食と健康」国際協力支援プログラム(味の素株式会社の支援を受け、地域の母親を対象とした包括プログラムを実施しています。
家庭を守る母親が「保健衛生」、「住環境」、「識字」、「栄養」に関して知識を深め、力を付けることにより、家庭から地域全体の生活向上に結び付けることを目的としています。
このプログラムの拠点となる「母親センター」の建築が今進んでいます。
場所はプテア・コマ(子どもの家)のお隣。2階建てで、1階はセミナールームとして、地域の母親たちが「保健衛生」、「住環境」、「識字」、「栄養」等を学べる場所として使用します。
そして現金創出プロジェクトのアイス工場も隣に設置します。センター2階は母親が働き易くするための託児所として使用する予定です。


共に活動する

 ステンミエンチャイの活動は、たくさんの人たちに支えられています。
例年5月から10月にかけて、カリタス・カンボジアの職業訓練校で美容技術を学んでいる学生たちが、月に一回無料体験美容院を開いてくれています。
パリミッションのFr. Olivieが運営する学生寮の男子大学生たちは、プテア・コマにおいてボランティアでクリスマス会を開いてくれます。
日本外国語専門学校では、チャリテイ−コンサートの収益金を寄付してくださいました。横浜教区カトリック菊名教会では基金を設置してくださっています。
雙葉小学校からもご寄付をいただきました。
大阪教区「カンボジアの日」の助成を受けています。

プテア・コマは、見学大歓迎

毎年日本からJLMM主催のスタディーツアーを受け入れているほか、多くの方が見学にいらしてくださっています。
あなたもぜひ、プテア・コマに遊びに来ませんか?
ご興味のある方はご連絡ください。

2.水上に住む人々と共に

水上村の状況

 カンボジアのほぼ中央に、東南アジア最大の湖トンレサップ湖があります。水上村コンポンルアンは、このトンレサップ湖の上にあります。この村では1,600世帯以上の人々が船の上で生活しています。暮らしている民族は、約1,000世帯がベトナム人で、その他はクメール人とチャム族の人々です。
 人口はコンポンルアン全体で6,000人を超えるといわれています。住民は主に漁業で生計を立てていますが、貧困世帯が多く生活全般に様々な問題を抱えています。水上村には電気、ガス、水道はもちろんなく、人々は生活用水として湖の水をそのまま利用していますが、生活廃水や家畜の排泄物、ゴミなども全て湖に廃棄しています。よって周辺の水質汚染は著しく、健康にも悪い影響を及ぼしています。
 ここに住む多くのベトナム人の日常会話はベトナム語です。ですから、ベトナム人の多くはクメール(カンボジア)語を話す必要ガなく、また話すこともできません。そのため役所や病院、学校など公共機関へ行っても、確実に意志を伝えることができず、カンボジア社会から孤立した状態になってしまっています。病院にかかることができず、病気を悪化させそのまま死に至るケースも少なくありません。子どもは、言葉の問題から公立の学校へいっても授業についていくことが出来ません。
 JLMMでは、2001年からこうした問題に対処するため、バッタンバン教区と住民の協力の下、水上教室を設置し、子ども達への識字教育、住民によって組織された基本的な保健サービスの運営補助などを行ってきました。

水上村での活動

 保健衛生プログラムなどを実施しています。

水浴びプログラム

 水上村での活動は、ベトナム人が多く住む地域の中にあるカトリック教会を中心に行っています。その教会に識字教室も隣接しています。この教会や識字教室を利用して、週1回、子ども達を対象にした水浴びプログラムを行っています。水浴びと一緒に衛生指導や栄養指導も合わせて行っています。子ども達の水浴びを手伝っていると、子ども達の健康状態が分ります。爪切り、耳掃除などや、皮膚病を持っている子どもには薬を塗ったりもしています。最近では、水浴びプログラムに通う子どもたちの、湿疹や虱はほとんど見られなくなりました。
 また、JLMMカンボジアでは、ステンミエンチャイでも配布できるように湿疹用石鹸、虱用石鹸を準備しています。この石鹸を住民にも安価で販売していて、住民も自ら買い求め日常的に使用するようになってきています。水浴びプログラムには、住民や母親の参加や協力もあり、一体となって和気藹々と行っています。

病人支援プログラム

 水上村で暮らす人々には、漁の時期を除いて現金収入はほとんどありません。病院へ通うのに必要なお金もないことがあることから、重症の場合に限り、病院受診のための交通費を支援したり、一緒に病院まで付き添ったりしています。軽症の場合は、栄養や処置の方法を伝えています。
 病院に行く病人は、腸チフス、HIV/AIDS、肝硬変、癌、結核など様々です。

ホームケアプログラム

 病人の家庭を訪問しています。舟の上でもできる簡単なケアや処置を行ったり、本人や家族に健康指導や栄養指導、相談活動なども行っています。

母子保健に関する活動

 水上村では、粉ミルクがとても人気があります。子どもには粉ミルクが一番よいと思われています。しかし、粉ミルクはとても高価な上、哺乳瓶を消毒することを知らない母親も多く、とても危険です。高い粉ミルクではなく、本当は母乳で育てるのが一番です。そこで、産後の母親と乳児を訪問して、母親への栄養指導をするほか、母親が病気の場合などに限り、粉ミルクを支援しています。
 また、月に一回産婦人科医師による母子健康チェックも行っています。

識字教育プログラム

 バッタンバン教区との協働で識字教室を行っています。指導にあたるのは、カンボジア人の先生です。2005年には先生のための研修を行いました。また識字教室のカリキュラムも全面的に見直しました。これまでの識字教育とともに、情操教育も取り入れ、子どもが楽しみながら学べるようにしています。
 ベトナム人の子どもも、カンボジアの公立学校に通うことができます。でも、授業は当然クメール(カンボジア語)で行われます。そこで、識字教室では、子ども達が授業についていけるように、就学前にクメール語の読み書きを勉強します。
 子ども達が学校に通うのに、もう一つ大きな問題があります。それは、学校も水上にあるため、学校まで舟で行かなければなりません。子どもが学校に通うための舟がないために、中退してしまう子どもも少なくありません。
 そこで、2005年度は「日本カトリック海外宣教者を支援する会」からの援助で通学船を一艘購入しました。また2006年度には、横浜教区カトリック由比ガ浜教会の支援で、もう一艘購入することができました。これにより、子ども達は、安心して学校に通うことが出来ました。

幼稚園プログラム

 識字教育のプログラムに参加する前の幼児に向けて、幼稚園が開園しました!
 最初は、泣くだけだった子どもたちも今では元気に通ってきます。そしてお昼を過ぎると、すやすやと気持ちよさそうにお昼寝しています。

浄水プロジェクト

 2007年4月より湖の水を浄化して住民に安価で提供するプロジェクトを実施しています。2010年度からは運営管理を現地教会が行っています。
 公益信託今井記念海外協力基金の支援を受けて開始しました。

水上公園

 住民は湖の上に住んでいます。子どもたちにとって十分に遊びまわれる場所はほとんとありません。
 そこで、NPO法人芝の会の支援を受け、2010年度に水上公園を設置することができました。
 ここで、子どもたちは毎日のびのびと走りまわっています。また、冠婚葬祭の場としても水上村住民に利用されています。

共に働く

 2002年に横浜教区カトリック藤沢教会「カンボジア福祉基金藤沢」が設置されました。この基金から生まれる果実(利息)と原資の一部をコンポンルアンの活動の一部に充てています。
 また、水上教会・識字教室の老朽化に伴う改築・増築費用支援を、バッタンバン教区から受け、日本の多くの支援者の方々から資金支援を受けました。
 さらに、さいたま教区カトリック所沢教会から3年間に亘り、活動の支援を受けています。
 日本カトリック海外宣教者を支援する会からは、先に述べた通学船購入の他、安全な水を供給するため、水の浄化装置を購入していただきました。
  大阪教区「カンボジアの日」の助成を受けています。
 

Flash News 未来を変える いのちの水

3.シェムリアップでの活動

クナ・トメイセンター
 JLMMカンボジアへの派遣者が活動する3つ目の場所がクナ・トメイです。
 クナ・トメイという村は内戦中にタイに難民として逃れ、そのキャンプから帰還した人びとによって村だそうです。
 シェムリアップの中心地から少し離れていて、景色は美しく、とても静かなところに「クナ・トメイセンター」が建てられています。このセンターで派遣者は活動しています。
 朝の7時半から9時まで塗り絵や体育、ゲーム、歌唱指導、衛生保育などの指導をしています。
 対象は、2歳位から14歳位の子ども達です。しかし、同じ子どもが毎日通ってくるのではなく、気が向いた子どもが気が向いた日にやって来るという状態なので、日によって集まってくる人数は、数人だったり、数十人だったと変動します。
 指導計画は毎日派遣者が作成・準備し、カンボジア人スタッフに伝え、スタッフが指導するという形で活動しています。
 クナ・トメイでは日曜日以外の毎日、夕方5時半から7時まで、クメールダンスのレッスンがあり、多くの子ども達がそのレッスンに参加しています。教会にお客様がいらした時にはクナ・トメイから子ども達が教会まで行き、ダンスを披露し、お客様をお迎えします。
 以前はシェムリアップ教会で子どもを集めてダンスのレッスンをしていましたが、ダンスの技術を身につけた多くの子ども達が、ホテルやレストランの踊り子になり教会にはこなくなるという状況になったので、クナ・トメイにダンス教室を移動しました。
 また、毎週水曜日と木曜日の午後に、教会にやってくる子ども達に向けた絵画制作指導を行っています。

 

▲TOP

(1991年〜現在 計 17 名)
 1991〜 コーディネーター (1)
 1992〜 デザイナー(1)、コーディネーター(1)
 1994〜 コーディネーター(2)、教師(1)
 1996〜 幼稚園教諭(1)
 1998-2002 コーディネーター(1)、衛生教育普及(1)
 1999-2000 音楽教師(1)
 2000-2004 コーディネーター(1)
 2001-2002 看護師(1)
 2002- コミュニティー・ワーカー(1)
 2003-2006 理学療法士(1)
 2004-2008 保育士(1)
 2005- コーディネーター(1)
 2006-2009 幼稚園教諭(1)
 2008-2012 コーディネーター(1)、看護師(1)
 2010- 整体師(1)、コーディネーター(2)、看護師(1)
 2013- コーディネーター(2)
カンボジア関連の記事を読む  
   
カンボジア農村日記

 1992 年から 95 年までカンボジアに派遣され活動していた漆原比呂志の農村生活日記。当時のカンボジアの様子や彼の生活が面白おかしく、時には涙とともに描かれています。